キミトドとマロングラッセ

「キミトド」ってご存知ですか?

そう、昨年より、日テレ系で深夜に放送されているアニメ番組「君に届け」のことですね。

君に届け VOL.1 [DVD]

君に届け VOL.1 [DVD]

  • 出版社/メーカー: バップ
  • メディア: DVD

君に届け VOL.2 [DVD]

君に届け VOL.2 [DVD]

  • 出版社/メーカー: バップ
  • メディア: DVD

君に届け VOL.3 [DVD]

君に届け VOL.3 [DVD]

  • 出版社/メーカー: バップ
  • メディア: DVD

君に届け VOL.4 [DVD]

君に届け VOL.4 [DVD]

  • 出版社/メーカー: バップ
  • メディア: DVD

君に届け VOL.5 [DVD]

君に届け VOL.5 [DVD]

  • 出版社/メーカー: バップ
  • メディア: DVD


原作は『別冊マーガレット』連載の椎名軽穂が描く少女マンガなのですが、これがまた非常に面白い。

君に届け (1) (マーガレットコミックス (4061))

君に届け (1) (マーガレットコミックス (4061))

  • 作者: 椎名 軽穂
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2006/05/25
  • メディア: コミック

君に届け (2) (マーガレットコミックス (4094))

君に届け (2) (マーガレットコミックス (4094))

  • 作者: 椎名 軽穂
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2006/09/25
  • メディア: コミック

君に届け 3 (マーガレットコミックス)

君に届け 3 (マーガレットコミックス)

  • 作者: 椎名 軽穂
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2007/01/25
  • メディア: コミック

君に届け 4 (マーガレットコミックス)

君に届け 4 (マーガレットコミックス)

  • 作者: 椎名 軽穂
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2007/05/25
  • メディア: コミック

君に届け 5 (マーガレットコミックス)

君に届け 5 (マーガレットコミックス)

  • 作者: 椎名 軽穂
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2007/11/22
  • メディア: コミック

君に届け 6 (マーガレットコミックス)

君に届け 6 (マーガレットコミックス)

  • 作者: 椎名 軽穂
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2008/03/25
  • メディア: コミック

君に届け 7 (マーガレットコミックス)

君に届け 7 (マーガレットコミックス)

  • 作者: 椎名 軽穂
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2008/07/25
  • メディア: コミック

君に届け 8 (8) (マーガレットコミックス)

君に届け 8 (8) (マーガレットコミックス)

  • 作者: 椎名 軽穂
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2008/11/25
  • メディア: コミック

君に届け 9 (マーガレットコミックス)

君に届け 9 (マーガレットコミックス)

  • 作者: 椎名 軽穂
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2009/09/11
  • メディア: コミック


内容は?というと、一言にまとめてしまうと、地方の共学高校を舞台に繰り広げられるプラトニックな戀愛物語なのですが、この甘酸っぱい “嬉し恥かし”なモヤモヤ感は、男子校だった私には味わえなかった感覚です。

1983年にYMOが《君に、胸キュン。》という曲でヒットを飛ばしましたが、
浮気なぼくら&インストゥルメンタル

浮気なぼくら&インストゥルメンタル

  • アーティスト: YMO
  • 出版社/メーカー: ソニー・ミュージックハウス
  • 発売日: 2003/01/22
  • メディア: CD

まさに「キミトド」に漂う空気は「胸キュン」な感覚そのものなのです。

アニメの“胸キュン感”を彩るタニザワトモフミとCHARAの主題歌も秀逸。アニメの本編とともに共振しあいながら、“胸キュンワールド”を相乗効果で拡張しあっているのです。
きみにとどけ

きみにとどけ

  • アーティスト: タニザワトモフミ,タニザワトモフミ,横山裕章,石崎光
  • 出版社/メーカー: バップ
  • 発売日: 2009/11/25
  • メディア: CD


では、ポップスではなく、ジャズな方面に視線を移すと、この「胸キュン」な感じをピアノでうまく表現しているのが、妹尾美里さんのオリジナルナンバー《マロングラッセ》がそうなのではないかと。

ラヴィ

ラヴィ

  • アーティスト: 妹尾美里,鳥越啓介,加納樹麻
  • 出版社/メーカー: ディスク・ユニオン
  • 発売日: 2009/11/20
  • メディア: CD

この曲をバックに、「キミトド」のヒロイン・黒沼爽子の声優・能登麻美子さんと、憧れのクラスメート・風早クンの声を演じる浪川大輔さんのやり取りを脳内で妄想すると、ヤバスゴいほどにシックリとくるのです。

『ジャズ批評』のNo.154号の特集「マイ・ベスト・ジャズ・アルバム2009」で、
ジャズ批評 2010年 03月号 [雑誌]

ジャズ批評 2010年 03月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 松坂
  • 発売日: 2010/02/24
  • メディア: 雑誌

私は、マイベストの5枚中の1枚に椎名林檎の『三文ゴシップ』を挙げたのですが、
三文ゴシップ

三文ゴシップ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMIミュージックジャパン
  • 発売日: 2009/06/24
  • メディア: CD

同特集内では後藤啓太氏も“今年の最高傑作は椎名林檎の『三文ゴシップ』だ”とレビューしています(嬉)。
そして、その後藤さんは、マイベストの1枚に妹尾美里さんの『ラヴィ』を挙げていたのが嬉しかったですね。

『ラヴィ』は、椎名林檎のようなクオリティの高いポップスをも受け入れる受信感度の高い音楽ファンのツボをも突く音なのだなと改めて感じました。

《マロングラッセ》は、デビューアルバムの『ローズバッド』でも演奏されているので、美里さん自身もお気に入りのナンバーなのでしょう。(1stではベースがテーマを奏で、2ndではピアノがテーマを弾くのでアレンジは変わっている)。
Rosebud

Rosebud

  • アーティスト: 妹尾美里,時安吉宏,清水勇博,斉藤洋平
  • 出版社/メーカー: JAZZ LAB. RECORDS
  • 発売日: 2008/12/20
  • メディア: CD


もっとも、『ラヴィ』は、《マロングラッセ》のような可愛らしい小品のみならず、タイトに引き締まったアンサンブルを展開する《黒猫》など聴き応えのある曲も収録されています。

やれジャズだ、やれピアノトリオだという枠にとらわれず、気持ちの良い音楽で気持ち良い気分になりたいというすべての音楽ファンにお薦めしたいアルバムですね。

聴こう!

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック