銀座アップルストアでの橋本一子さんライブ

昨日、銀座のアップルストアにて行われた、橋本一子さんのイン・ストア・ライブに行ってきました。

今回は、アコースティック・トリオのub-xではなく、打ち込みのほうのArc'd-Xのライブ。

メンバーは、橋本一子(vo,key) 石井AQ(syn,DJ,vo) 小田島亨(sax,fl) の3名。

一子さんが今年発表したアルバム『Arc'd-X』からのナンバーが演奏され、いやあ、もうほんと、ノリノリのライブでした。

Arc’d-X

Arc’d-X

  • アーティスト: 小田島亨
  • 出版社/メーカー: スリーディーシステム
  • 発売日: 2009/07/08
  • メディア: CD

マルチリード奏者の小田島亨氏は、ステージ上にところ狭しと、ソプラノ、アルト、テナー、バリトンサックスとフルートを並べて、曲にあわせて楽器を持ち替え、様々な音で色を添えていました。

一方、DJの石井AQ氏も、ぶっ飛んだセンスのパフォーマンスを披露してくれ、まさに「怪人」と呼ぶにふさわしい、“タダモノでは無さっぷり”を発揮していました。

一子さんから「お前はヒトラーかい!」と突っ込まれるほどの、怪しくパワフルなラップが効いていましたね。

ピアノを弾く一子さんも素敵ですが、昨日のライブのように、KORGのOASISを操り、終始立ちっぱなしで激しいパフォーマンスを繰り広げる一子さんもカッコ良かったです。

唯一の不満を強いてあげるのならば、もうちょいサングラスをかけていて欲しかった(笑)。

ステージに登場したときの一子さんは黒いグラサンをかけていたんだけど、すぐに外しちゃったのが勿体なかった。
ほら、一子さん、滅茶苦茶脚が細くて、身体も細くてスタイルいいじゃないですか。だから、あのスタイルに黒のグラサンというルックスは、完全に日本人ばなれをしていたんですよ。

来日した外国の女優かミュージシャンなオーラが出まくりで、すごくカッコよかったのですが、最初の曲がはじまる前に外してしまった。ああ、勿体ない。もう少しかけていればよかったのに……。というのが唯一の不満でございました(笑)。

音楽的な面は、完全に文句ナシ。
息子も連れていったのですが、喜んでましたよ。会場の係員から撮影許可用のパスをもらって、嬉しそうにDSのカメラモードで(!)ステージを激写していました。

ちなみに、私も来月の10日に、この会場、銀座のアップルストア3Fのシアターで公開録音をするのですが(皆さんいらしてね)、この会場、とても良いですよ。

なにがいいかって、まず椅子の座り心地がいい(笑)。
古い映画館の椅子とは違い、横幅があるのでゆったりと座れる。
両脇の肘かけのスペースがかなりあるので、座っていてラクチンなのです。

スペースもかなり贅沢にとってあるので、とても落ち着いた気分になれます。
とはいえ、昨日のライブはノリノリ系だったので、最後は全員スタンディングでしたが(笑)。

さて、こんなに贅沢で広々とした会場が、ガラガラだったらイヤだな~と思いました(笑)。

来月の1月10日の午後2時は、みなさん、銀座のアップルストアに是非是非おいでやす~なのであります。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック