明日の快楽ジャズ通信は、デューク・エリントン! マーカス・ロバーツ氏のインタビュー付き

明日、明後日、来週木曜日の「快楽ジャズ通信」の特集は、デューク・エリントンです。

偉大なるオーケストラのリーダー、エリントンのワン・アンド・オンリーの濃ゆ~い個性をご紹介するとともに、ピアニストとしての超非凡なる側面にもスポットを当ててみました。

私のようなヒヨっ子がエリントン様の特集などおそれ多いような気もしたので、今回は強力な助っ人も登場!
ピアニストのマーカス・ロバーツさんです。

ロバーツ雲.jpg

エリントン、モンク、そしてジェリー・ロール・モートンなどジャズの礎を築きあげてきた巨人たちを敬愛してやまないマーカスさん。

彼が来日した折、丸の内のコットンクラブの楽屋で、エリントンについて、ジャズの伝統について、そしてご自身の音楽についてのお話をたっぷりとお伺いすることができました。

とても紳士的で、丁寧な対応をしてくれたマーカスさん。
彼の思い入れたっぷりのエリントン・トークも録音しておいたので、番組で流したいと思います。

余談ですが、マーカスさんのマネージャーの女性は、ノリがディレクター嬢に似ていました(笑)。

さて、マーカス・ロバーツさんオススメのエリントンとは?
彼が語るエリントンの魅力とは?

もちろん、マーカスさんの新譜もかける予定です。
お楽しみに!


NEW ORLEANS MEETS HARLEM VOLUME 1(ニュー・オリンズ・ミーツ・ハーレム VOL.1)(直輸入盤・帯・ライナー付き)

NEW ORLEANS MEETS HARLEM VOLUME 1(ニュー・オリンズ・ミーツ・ハーレム VOL.1)(直輸入盤・帯・ライナー付き)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: DISKUNION JAZZ(原盤:J MASTER RECORDS/US)
  • 発売日: 2009/12/26
  • メディア: CD

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック