Miles Davis『The Complete Live At The Plugged Nickel 1965』評

今朝から、なんだかわが家のネット状況が悪く、午前中は、まったくネットがつながりませんでした。

こういうこと、月に何回かあるんですよね。

で、さきほど、ラジオの収録から帰ってきたら、なんとか接続が回復していました。

すると、未読メールの山、山!
   
ま、それはいいとして、
今から44年前の、今日(12/22)に、
マイルス・デイヴィス以下、
ウェイン・ショーター、
ハービー・ハンコック、
ロン・カーター、
トニー・ウィリアムスらは、シカゴの「プラグド・ニッケル」で、熱くシュールな演奏を繰り広げていたんですね。

正確には、44年前の昨日と今日と明日ですが、久々に『コンプリート・プラグド・ニッケル』のボックスを取りだして、44年前の今日に行われた演奏を聴いてみました。

彼ら流にシュールに捻くれた《ラウンド・ミッドナイト》、シュールなエキサイティングさをほこる《ノー・ブルース》等々。

こんなスッゲー演奏が、44年前のものだとは……。

The Complete Live at the Plugged Nickel 1965

The Complete Live at the Plugged Nickel 1965

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Sony Jazz
  • 発売日: 1995/07/01
  • メディア: CD



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック