最終回!「川島重行プロデューサーvs.寺島靖国」いっきさんによる「PCMジャズ喫茶」レポート

先日より、何回かに分けてアップされている、ジャズブロガー・いっきさんのブログ「いっき」のJAZZあれこれ日記の「PCMジャズ喫茶レポート」、“「PCMジャズ喫茶」のゲストは川島重行プロデューサー”が、本日の「その3」で最終回を迎えました(笑)。


「PCMジャズ喫茶」のゲストは川島重行プロデューサー(その3)


吉祥寺のJAZZ喫茶「メグ」のマスター・寺島靖国氏が10年以上にわたって続けている長寿&人気番組の「PCMジャズ喫茶」にゲスト出演した、プロデューサー川島重行氏と寺島氏(と岩浪洋三氏)による、ジャズレコード制作の舞台裏的な話のレポートなのですが、読み進めながら、「へ~」「そーなんだろうな~」な話の連続で面白いです。

今回も、

・ジャズ専門プロデューサーでは食っていけない

・ソニーのCDクラブの会員が、マンハッタン・ジャズ・クインテットの『V.S.O.P.』の売上に貢献している

・グラント・スチュワートのアルバムは、6時間ぐらいで録った(マンハッタン・ジャズ・クインテットは2日で録音)→ジャズに製作費(スタジオ代・エンジニアの人件費)はかけられない

などの話が出てきて、「まっ、そうだよな~」などと思いながら読ませてもらいました。

また、この記事にコメントを書いている、奄美のCD屋サウンズパルの店員・takaraさんのコメントが、いい話なんですわ。

「音を売る現場」の人、頑張れ~!と応援したいと思います。


▼その(1)、その(2)の話は、こちらから

「PCMジャズ喫茶」のゲストは川島重行プロデューサー(その1)


「PCMジャズ喫茶」のゲストは川島重行プロデューサー(その2)

この記事へのコメント

  • いっき

    雲さん。こんばんは。

    拙ブログ記事を何度も紹介していただきありがとうございます。
    貴重な業界裏話だったので、多くの方に読んでいただければ嬉しいです。
    2009年11月23日 23:11
  • いっきさん

    おつかれ様でした。今回のレポート。
    面白かったですよ。
    2時間番組の内容をレポートするのに、その倍以上の時間かかったでしょう、きっと(笑)。
    いつになく力がはいっていたし。

    昔のジャズマンは、「低予算・少時間」でも(だからこそ?)、すっげぇ~演奏を生み出してしまっていましたが、プロデューサーはそういうわけにはいかないのかな、やっぱり。
    2009年11月24日 05:50

この記事へのトラックバック