松坂妃呂子さん(ジャズ批評編集長)が寺島靖国さんの番組に登場!

PCM放送ミュージックバードで放送されている『寺島靖国のPCMジャズ喫茶』に、今回は『ジャズ批評』の編集長&社主の松坂妃呂子さんがゲスト出演されたそうです。

これをレポートしたいっきさんのブログが面白い!⇒ここをクリック!

「ジャズ批評」誌には、いっきさんも私も「Blog Walking」というコーナーでお世話になっております。

ジャズ批評 2009年 11月号 [雑誌]

ジャズ批評 2009年 11月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 松坂
  • 発売日: 2009/10/26
  • メディア: 雑誌



ジャズ批評 2009年 09月号 [雑誌]

ジャズ批評 2009年 09月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 松坂
  • 発売日: 2009/08/24
  • メディア: 雑誌



ジャズ批評 2009年 07月号 [雑誌]

ジャズ批評 2009年 07月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 松坂
  • 発売日: 2009/06/24
  • メディア: 雑誌



ジャズ批評 2009年 05月号 [雑誌]

ジャズ批評 2009年 05月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 松坂
  • 発売日: 2009/04/23
  • メディア: 雑誌



ジャズ批評 2009年 03月号 [雑誌]

ジャズ批評 2009年 03月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 松坂
  • 発売日: 2009/02/23
  • メディア: 雑誌



ジャズ批評 2009年 01月号 [雑誌]

ジャズ批評 2009年 01月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 松坂
  • 発売日: 2008/12/22
  • メディア: 雑誌



いっきさんレポートによると、けっこう面白い裏話がありそうですね。私は、この放送逃がしてしまいましたが、ミュージックバード会員の方なら、再放送が今週土曜日にありますので、是非チェックを!

ミュージックバードのHPはこちら
お申込みはこちら
※ミュージックバードにはいると、「高野 雲の快楽ジャズ通信~What Is This Thing Called Jazz?」という番組のFMでは放送されない「アフターアワーズ編」という5分のオマケコーナーも楽しめます(笑)。

この記事へのコメント

  • いっき

    雲さん。こんばんは。

    またまた私のブログを紹介していただき、ありがとうございます。
    「ジャズ批評」を続けてこられた松阪さんは凄いと思いました。

    今日の「ソニー・クラーク特集」。
    ベタでしたね。そして極楽でした(笑)!
    やっぱりジャズはここが基本だと思いました。
    で、クラークのピアノの変化にはビックリでした!
    2009年11月29日 23:34
  • いっきさん
    こんばんは。

    ソニー・クラーク特集よかったでしょ?(笑)
    阿部さんのおかげで、なーんも難しいこと考えず、「ただひたすら気持ちのいい音源を紹介するだけ」という基本に徹することが出来ました。

    しかもお気楽極楽状態でサクッと収録してしまったにもかかわらず、自分でいうのもヘンですが、すごく流れがスムースで、聴いていて面白いんです(笑)。
    トークというよりは、音楽の流れがすごくいいと思いました。
    阿部さんと私は、今回かけたディスクの5倍ぐらいの量のCDを互いに持ってきてドサッ!とテーブルに置いて、さてどれかけましょ?状態から始めたのですが、「ま、やりながら考えましょう」という例によってイキアタリバッタリ方式を採用したのですが、結果的にとても気持ち良い流れになったんじゃないかと思います。

    ホーンからピアノトリオへ。その間に変わりだねを挟む、という、ごくごくオーソドックスな手法なんですが、満足な選曲の流れになったことがすごく嬉しかった。

    阿部さんも、ご満足されていたようで、「結果的に流れにオチがつきましたね」と仰ってました。

    やっぱり「選曲の達人」がゲストだとラクでいいわ(笑)。

    この楽曲の流れのスムースさが心地よかったので、昨日は2回、今日も2回聴き返しちゃいました(笑)。

    自分の番組をこんなにプレイバックしたのは、はじめての経験です。

    今回みたいに無理なく流れるような感じで毎回お届けできればいいなと思いました。

    もちろん、これはディレクター嬢の編集手腕の賜物でもあります。
    我々は番組で喋った以上のことをもっとたくさん喋っているのですが、うまい具合にカットされて編集されていました。

    ディレクター嬢は、だんだんテオ・マセロ化してきている?!(笑)。
    2009年11月29日 23:53

この記事へのトラックバック