マーカス・ミラー氏訪問

昨日、六本木の「ビルボード」に、来日したマーカス・ミラーのライブに行ってきました。

我々「全日本ジャコだち連盟」の最高顧問・松下氏の粋なはからいにより、ライブ前に楽屋を訪問することに。


miller.jpg

ついでだから、インタビューして、その模様を「快楽ジャズ通信」で流しちゃえ!ってことで、英語ペラペラなディレクター嬢が通訳部隊として六本木まで緊急出動してくれました。

約30分強の時間をマーカス氏にとっていただき、影響を受けてきた音楽、ジャコについて、マイルスについて、ギル・エヴァンスについて、そして、プロデューサー兼ベーシストとして参加したジョージ・ベンソンの新譜について色々とお話を伺うことができました。


▼マーカスプロデュースのベンソン新譜は、リー・リトナー、デヴィッド・ペイチら大物が参加。AOR系好きにはヨダレものかも。



私は、マーカスのトレードマークの、あのフェンダー77年ジャズベースや、ステージで1曲持ち替えで使用したフレットレスのジャズベースも弾かせてもらえて、感激!でした。


marcus_kumo.jpg


マーカス氏には、私が持参したオリジナル・カスタムメイド・雲ちゃんモデルを渡し、互いに弾きっこをしたのですが、なんとマーカス氏が私のフレットレスで弾き始めた曲は、ジャコの《コンティニューム》だった!
感激!

じゃこのめさんは、この日のために奥様が作ってくれたという「マーカス・オリジナルTシャツ」をマーカスさんにプレゼントしているし、

tommyさんは撮影に大忙し、……かと思ったら、鞄の中から、ネックのない、ボディのみのジャズベースを取り出してサインをしてもらっているし(笑)。

外人好きのディレクター嬢は、嬉しそうな顔してマーカスのことを口説いてる(?)し。

リーヴァイスとマーカスがコラボレートしたBLACK Marcus Miller モデルを履いてきていた松下さんは、「当然、履いてきてるぜ!」とばかりに、マーカスとお尻のくっつけ合いっこして楽しそうだし(笑)。

もうみーんな「マーカスが好きなんだ!」って感じでしたね。

▼ちなみに、マーカスとリーヴァイスの共同プロジェクトアルバム。むしろ、ジャズやベースに興味の無い人から「聴きやすい」と評判。



私が弾かせてもらった、フェンダーの77年ジャズベは、想像以上に重たかった。

私も学生の頃は、これに近い75年モノのジャズベを持っていたのですよ。
ボディは重たいアッシュ材に、メイプル指板、特徴的なブロックインレイ。要するに、マーカスが弾いているものと、材質も外見も同じやつを。フェンダージャパンでしたが(笑)。

軽いボディの60年代のフェンダー派の私にとっては、この重たい70年代フェンダーは、音はパワフルで好きなんだけど、体力を使うベースでもありました。

このベースを振り回してパンクなんかをライブ演奏した翌日は、よく腰痛になって後輩に腰を揉ませていた記憶があります(情けなや……)。

それぐらい、なんというか、私ごときの体力では、長時間の立ち演奏は厳しいベースなんですが、マーカスの場合は、さらにブリッジをバダスIIに付け替えている上に、サドウスキーがチューンしたサーキットを搭載しているから、輪をかけて重たい。

この重たいベースからパンチのある重低音が放たれているんだと思うと、感激もひとしおでした。

いっぽう、もう一本のベースは軽かった。

「シックスティー・トゥー。オーライ?」と言いながら貸してくれた62年製フェンダーのジャズベース、フレットレスは、ものすごく軽く、とてもコンディションの良い状態でした。

フレットを取り外した指板の表面は、ジャコのフレットレスのようにコーティングはされていなくて、木の地肌がそのままむき出しになっていたのですが、生音は、とてもウッディで甘いトーンでしたね(ステージ上ではゴリゴリ弾いていたが……)。

私の雲ちゃんベースは、指板は、ニスでコーティングしているのですが、このコーティングをマーカスは珍しそうに触っているのが印象的でした。

楽屋を去った後は、いよいよライブ本番。
ライブもこれまた素晴らしかったんですよ。

これについては、また機会を改めて書こうと思います。

今日はここまでにしておきます。

この記事へのコメント

  • おっちん


    おはようございます

    雲さん

    スゴい

    てか

    うらやましい~

    いいないいないいな(笑)


    マーカス・ミラーとベースデュオったんですね

    カッチョよすぎですやん

    あ~

    僕も大学卒業してから就職する道ま違えたかな?

    ヤパ

    ジャコ並のテクはありましたか?

    スタンリークラークとマーカスミラーのはたまに聴きますけどね


    ほんとヨダレでますよ




    サボタイムで

    ちょいと(-。-)y-゚゚゚(笑)

    でわ

    次回の放送も楽しみにしています
    2009年09月16日 05:13
  • おっちんさん

    おはようございます。

    ベース取り換えっこは、マーカス氏の楽屋訪問だったので、アンプとかはなくて、小さな生音でそれぞれが好き勝手に弾いていた程度なんで、デュオってほどでもなかったですよ。

    >ジャコ並のテクはありましたか?
    テクがすごかったのは、ライブ本番でして、楽屋内では、弾いている内容はウォーミングアップ程度だったので、それほどバカテク演奏を披露していたわけでもないのですが、それでも目の前で弾いてくれているわけですから、「あ、これがマーカスの生音なんだ!」という感激はありました。

    やっぱり、当たり前ですが、カッコよかったです。
    2009年09月16日 05:38
  • じゃこのめ

    先日はどーも。楽しかったですね。ところで、今回はマーカスにTシャツを贈ったのおは松下さんです(青いヤツ)。
    それにつけても素晴らしいライブでしたね。
    2009年09月16日 08:10
  • じゃこのめさん

    先日はおつかれ様でした。

    >Tシャツを贈ったのおは松下さんです(青いヤツ)。

    あれ?そうだったんですか。
    奥さんお手製のほうは、サインのみ??
    2009年09月16日 09:22

この記事へのトラックバック