トミー・フラナガン『セロニカ』


1982年録音の、トミフラがモンクの作品に挑んだ作品。
アクの強いセロニアス・モンクの曲を、曲の根幹を崩すことなく、トミフラが丁寧にアクをすくい取り、丁寧に料理をした、そんな感じの聴きやすく、かつコクもある作品。



▼パーソネル
トミー・フラナガン(p)
ジョージ・ムラーツ(b)
アート・テイラー(ds)


▼収録曲
1. NORTH OF THE SUNSET
2. LIGHT BLUE
3. OFF MINOR
4. PANNONICA
5. ASK ME NOW
6. THELONIOUS
7. REFLECTIONS
8. UGLY BEAUTY
9. THELONICA

セロニカ(紙ジャケット仕様)セロニカ(紙ジャケット仕様)
トミー・フラナガン
Ward Records
発売日 2009-09-18
価格:¥3,000(税込)
発送可能時期:在庫あり。



名盤請負人トミー・フラナガナンは1970年代に入りしばらく地味な活動を強いられてきたが、1970年代後半にエンヤと契約、「コンファメーション」や「ジャイアント・ステップス」等トミー・フラナガン自身の代表作となる作品を数多くリリースしてきた。本作は1982年にレコーディングされたトミフラの人気アルバムで、高音質SHM-CD仕様で再発。ジョージ・ムラーツ(b)にアート・テイラー(ds)という理想的なピアノ・トリオ編成で描き出されるサウンドはまさに円熟のモンク・スタンダード集! 【1982年録音】

トミー・フラナガン(p) / ジョージ・ムラーツ(b) / アート・テイラー(ds)


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2009/09/18に作成しました。
[PR]