橋本一子さんとの対談は興味深かったゾ!

光.jpg


先日、ピアニスト・橋本一子さんがゲストの会を収録してきました。
テーマは「打ち込みジャズ」。

ジャズは、「人力」のイメージの強い音楽ですし、
実際打ち込みの音楽は、ジャズ・ミュージシャンよりも、
テクノやヒップホップなど「その筋」の人たちが作りだすもののほうが刺激的で面白いものが多い。

しかし、ジャズ畑にもテクノロジーを上手に表現に取り入れているミュージシャン、いないわけではない。

今回は「打ち込み」「ジャズ」「表現」についての考察を一子さんにしてもらうと同時に、表現者・橋本一子像も鮮やかに浮き彫りになる、実りのある内容になったんじゃないかと思います。

もちろん、一子さんの新譜『Arc'd-X』からの音源も紹介していますし、

Arc’d-X

旧譜の中からもカッコいい音源も紹介していますので、一子さんファンにとっても要チェックな内容ですよ。

是非お聴き逃しなく!

ichiko_kumo.jpg
ああ、またヘンな顔してしまった。一子さんを前にすると、どうも照れがはいって、ふざけてしまうんだよな~

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック