クリスチャン・マクブライド取材

昨日のライブの興奮も冷めやらぬ本日の午後、再び「コットンクラブ」に赴き、クリスチャン・マクブライドの取材をしてきました。

フレディ・ハバードの思い出、
インサイド・ストレートのメンバーについて、
敬愛するベーシスト、レイ・ブラウンについて、
次期プロジェクトについて、

などなど、色々と話を聞いてきました。

詳細は、また追ってお知らせしたいと思います。

私のベースを持ってゴキゲンなマクブライド。
まるで、おもちゃを手にした子供のような表情で、しきりに私のフレットレスベースで、ジャコのフレーズを弾いている姿が印象的でした。

chris_kumo.jpg

ジャコのことは、「オー! ジャコ・イズ・キ~ング!」

この記事へのコメント

  • おっちん


    雲さん

    おはようございます

    フレットレスもってるんすか

    僕も

    フェンダーのジャズベースがフレットレスですわ

    あ~

    うらやましいな~

    ちきしょ~

    ぐやじい~
    2009年08月29日 03:46
  • おっちんさん

    私もフレットレスからベースにはいった人ですから、ベースという楽器が好きというよりは、フレットレスという楽器が好きなのかもしれません。
    もちろん、フェンダーのフレットレス何本かを経て、現在の青いベースは、オリジナルのカスタムメイドとなっています。
    私が持つとベースが大きく見えるのですが、マクブライドが持つと、小さく見えるんです(笑)。
    2009年08月29日 17:22

この記事へのトラックバック