いよいよスコット・ラファロです。

明日・明後日の「快楽ジャズ通信」のテーマは、
ベーシスト、スコット・ラファロです。

ビル・エヴァンス・トリオのインタープレイで有名なベーシストですが、「エヴァンスとの共演がラファロではない。もっと多彩な活動をしていたベーシストなのだ」と主張するのは、ゲストにお迎えした沖縄のジャズカフェ「スコット・ラファロ」のオーナーtommyさん。

「こんな録音にも参加していたんだ!?」

と驚きの連続な内容となっています。

エヴァンスとの録音しかご存じない人にとっては、新しいラファロ像が見えてくる内容となっています。

お楽しみに!

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック