明日からの特集は「ピアノレストリオ」です。

さて、明日、明後日、来週木曜日の「高野 雲の快楽ジャズ通信~What Is This Thing Called Jazz?」の特集は、「ピアノレストリオ」ですね。

管楽器とベース、ドラムの3人編成で演奏された素晴らしい演奏をよりすぐってお届けします。

ピアノやギターという複数の音を同時に鳴らせる楽器、つまり和音(コード)楽器がないため、「曲」や「音楽」を聴いているという気分よりも、「演奏」に立ち会っているという気分が強くなる編成かもしれません。

そのぶん、ジャズ初心者にとっては聴きどころがつかみにくい編成なのかもしれませんが、ご安心を。番組中では聴き方のコツも少し解説しています。

滅茶苦茶シンプルで拍子ぬけするかもしれませんが(笑)。

あと、ひとつあらかじめ謝っておきたいことが。

先ほど気がついたのですが、番組のオープニングトークで、私、
“ツーホーン・カルテット”と言ってますが、
間違いです。

正しくは“ツーホーン・クインテット”です。

5人編成なのにカルテットはありえない(汗)。

間違いの箇所を発見したら、
「あ、ここだな、ヤツめ、間違えてやがらぁ」
と笑ってやってください<(_ _)>

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック