放送第33回『ピアノレストリオ』(1)

『高野 雲の快楽ジャズ通信~What Is This Thing Called Jazz?』、今回のテーマはピアノレストリオです。

全国52局のコミュニティFMでは、本日午後8時からの放送です(この放送時間にあわせて、ブログをアップしています)。

ミュージックバードのジャズ・チャンネルでは、明日(日曜日)の22時より。
ミュージックバードのクロスカルチャー・チャンネルでは、来週木曜日の23時より放送されます。

今回は、番組中でかけたアルバムと曲をサラリと紹介してゆきます。

ソニー・ロリンズの『ヴィレッジ・ヴァンガードの夜』より《チュニジアの夜》。



この演奏の8か月前に西海岸で録音された『ウェイ・アウト・ウェスト』の《ワゴン・ホィール》のサビの部分もチラリとかけました。




同じくテナーサックスのピアノレストリオですが、
今回はブルース、そしてミドルテンポでベースの艶やかな音色を聴いてみましょうということで、ブランフォード・マルサリスの『トリオ・ジーピー』より《ガットバケット・スティーピー》。




お次はトランペットがフロントのピアノレス・トリオということで、ドン・チェリーがフロントの演奏です。
リーダーはベーシストのチャーリー・ヘイデン。彼の太く安定したベースワークが、高音域のトランペットを根底からシッカリと支えているため、中音域のピアノが無くともスカスカな感じはまったくしません。

オーネット・コールマン作曲の《ブレッシング》。



アルトサックスが主役のピアノレストリオもかけましょうということで、ケニー・ギャレットの『トリオロジー』より《ジャイアント・ステップス》。



この曲は、めまぐるしくコードが変わってゆく忙しい構造なのですが、だからこそベースの的確なナビゲーションが重要な曲でもあります。

北川潔の的確なサポートが光り、かつブライアン・ブレイドの細やかな煽りがめちゃくちゃ気持ちの良い演奏ですね。

私が最近はまっているマーク・アイザも、細やかに盛り上げてゆくドラミングの達人ですが、ブライアン・ブレイドはマーク・アイザの先生でもあるんですね。

この二人のドラミングのスピード感は、通ずるところがあります。

ラストは、やっぱこれっしょ!なエキサイティングな演奏。
ジョン・コルトレーンの『アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード』から《チェイシン・ザ・トレイン》。



演奏が進めば進むほど演奏が紅蓮の炎のように燃え上がってゆきます。

coltvilla.png


16分の長尺演奏なので、すべてをお聴かせしたいのですが、それもかなわず。
後半の部分からのフェード・インでお届けしています。

もうとにかく、エルヴィンのドラムが凄い凄い。
ガツーン!ときた方は、是非この演奏の最初から聴いてみて欲しいと思います。

奇しくも、エルヴィンのドラムに始まり、エルヴィンのドラムに終わる。
ヴィレッジ・ヴァンガードのライブに始まり、ヴィレッジ・ヴァンガードのライブで終わる選曲となりましたが、これらピアノレスの凄まじい演奏を聴くたびに、ノンベンダラリとした日常を送る自分はなんて腑抜けなんだろうとため息が出てしまいます。
そんな自分に「喝!」を入れてくれるのが、ロリンズやコルトレーンのテナー、そしてエルヴィンの野獣ドラムなのです。

というわけで。
今回の番組は、以上の選曲でお届けしています。

お楽しみください♪

この記事へのコメント

  • tommu

    雲の旦那、こんばんは。
    今回はワンランク上のジャズ聴きな感じがしますね。
    この辺を自分でチョイスできるようになると、
    独り歩きも楽しい、骨太なジャズ聴きと云えるのでは?(笑)
    ゲストなしの、このような日も増やしてください。
    2009年05月16日 23:44
  • tommyさん

    このへんがやっぱり、個人的にはど真ん中なツボにくるところなんですよね~。
    フォーマットは通好みかもしれないけど、決して難解なものでもないので、企画してみました。

    ゲストに関しては、
    ゲストは月2回まで、残りの2~3回は独り喋りというバランスでしばらくは行く予定です。
    2009年05月17日 18:09
  • tommy

    お奨めして、間違いのないジャズだと思います(笑)。
    ブルーノートも続々と1,500円シリーズで再発売するようですので、
    「骨太ジャズ聴き」になるいい機会だと思いますね。
    2009年05月17日 18:25
  • tommyさん

    骨太ジャズは、やっぱええなぁ~と、今回収録していて思いました。
    ブルーノート、たしか1100円だったような?
    どんどん安くなってきていますね。
    2009年05月26日 13:13

この記事へのトラックバック