『ベニー・ライズ・アゲイン』エディ・ダニエルズ&ゲイリー・バートン

クラリネット奏者、エディ・ダニエルズと、ヴィブラフォン奏者、ゲイリー・バートンの双頭リーダー作『ベニー・ライズ・アゲイン』評をアップしました。

こちら

ベニー・グッドマンが愛想したナンバーを現代によみがえらせることをコンセプトにしたアルバムですが、リズムのスピード感の違いが、非常に大きな音の肌ざわりの差を生みだしています。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック