放送第34回『マイルス・デイヴィスのミュート・トランペット』(4)

今回のマイルスを題材としたミュートトランペット特集は、現場でゲストの齋藤さんの解説を聞いていると、ホント、トランペットという楽器が欲しくなるし、やりたくなる内容でした。

トランペットって、よく見ると、
カッコいいルックスだし、
美しくもある。

▼齋藤さんの愛器
IMG_4353.JPG

で、すごく気持ちよさそうにトランペットを吹く齋藤さん。
IMG_4362.JPG

じつは、この収録には、tommyさんと、tommyさんの息子さんのMaccoちゃんが見学にやってきていたのですが、収録現場を見ていたMaccoちゃんは、昔やっていたトランペット熱が再燃し、新しくトランペットを買ってしまったほどですからね。

▼tommyさんのblogにもそのことが書いてあります。
http://ameblo.jp/tommy-tdo/entry-10263641138.html


▼プランジャーミュートで演奏する齋藤さんの後ろにちらっと写っているのがMaccoちゃん
IMG_4329.JPG


私は、楽器をやらなければ、ジャズや音楽が理解できないとは思ってはいませんし、無理に人に楽器を勧めるものでもありません。
むしろ、やってる人にしかわからない快楽を独占したいので、無理してやらんでもいいよ~、と言っているぐらいです(笑)。

でも、先日、tommyさんがいいこと言ってたな。

「楽器やるといいよ。ジャズをわかるためじゃなくて、人生の愉しみのためにね。楽器を習うと自分の不甲斐なさがよくわかるんだ」

それはあるかもしれないですね。

どんな楽器も、最初は、なかなか思うようにコントロールできないものなんです。

それを肉体的修練をつんでゆくことで、少しずつ自分が楽器に近づいてゆく喜び。

tommyさんは「自分の不甲斐なさ」と表現していたけれども、それはたしかに感じます。
上達したら、したなりに感じることです。

そして、そのことを痛感できた人ほど、少しだけ人にも優しくなれるのかもしれません。
(もちろんすべての人がそうとは限りませんが)


あ、撮影は全部tommyさんです。


個人的に好きなジャケット。

download.jpg

いやぁ、マイルスはいいねぇ!



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック