若い世代は、ここからブルーノートに接近するという手もある

「US3」は、ロンドンでクラブDJをしていたジェフ・ウィルキンソンと、サウンド・エンジニアのメル・シンプソンとで、'90年代初頭に結成されたユニット。

ジャズとヒップ・ホップを大胆な手法で組み合わせた彼らは、「ブルーノートの音源、使いたい放題!」という恵まれた条件で契約が成立し、ハービー・ハンコックの『カンタロープ・アイランド』をヒップホップ風に蘇らせ、大ヒット。

これが1曲目に入っているファースト・アルバム『ハンド・オン・トーチ』。

93年にリリーースされ、200万枚のセールスを達成。この数字は、ブルーノート・レコード創設以来の大記録なのだそうだ。

ブルーノートの音源にまったく接したことの無い人にとっても聴きやすい内容だし、コアなブルーノートファンも、ニヤリとさせる“引用”の連続だ。

巧みなアイディア、編集は楽しい。

聴きなれた“あの音”も、別な角度からスポットを浴びることによって、かえって新鮮さが増すことも確か。

もともとダンス用の音源だから、ジャズ喫茶でジャズを鑑賞するように、腕を組んでじーっと鑑賞する類ものではない。

だから、iPodなんかで通勤中に聴くのが正しい聴き方だと思う。

イン・ドアには向かない、徹頭徹尾アウト・ドアな音源だ。

都会の景色が移動するスピードと、US3のリズムが心地よくシンクロすることだろう。

ブルーノートを知らない若者に、ジャズの聖典、ブルーノートへの門戸を開いたという彼らの功績はもっと評価されても良いだろう。

シャバーム・サディークのラップが聞けるという点でも、この1stは貴重。

ここからはいって、ネタ元のブルーノートの有名盤を聴けば、「ははぁ~、なるほどねぇ」とニヤリとすること請け合いだ。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック