コルトレーン研究家・藤岡靖洋さん登場!

本日も「快楽ジャズ通信」の収録でTFMのスタジオに行ってきました。

もう3月放送分の録音です。
早いな~。

といっても、2月放送の未収録もあるんですけどね、、、

3月放送は豪華ゲストでいっぱいです。

その1人が、3月7日、8日放送される
「現代ヨーロッパジャズと、ヨーロッパのジャズフェス事情」
という私が苦手なテーマに助っ人として参上していただいたのが、藤岡康洋氏。


fujiokasan.jpg



藤岡さんは、世界的なコルトレーン研究家で、昨年発売された800ページ以上のコルトレーン研究本を編纂された5人の研究家のうちの1人。

しかもその本、BBC賞も受賞しているという、それはそれはスゴい方なのです。



しかし、藤岡さんは、コルトレーンのみならず、ヨーロッパのジャズや、ジャズフェスティヴァルにも非常に詳しいお方。

なぜなら、毎年、5ヵ月以上は日本を留守にして世界中を飛び回っているからです。

う、羨ましいぞ……!

そして、今回は、その羨ましい話をたっぷりと番組で語ってもらいました。
ステファノ・ボラーニや、ジョバンニ・ミラバッシなど、最近はヨーロッパ産のイキのよいジャズを愛好するジャズファンも我が国では増えてきていますが(私の印象だとオーディオファンに多いような気がする)、彼らの演奏姿を生で体験しまくっている藤岡氏が語るヨーロッパの話を枕に聴くヨーロッパジャズは、また格別な味わいをもたらしてくれることでしょう。

私なんかイタリアのペルージャの話が出てきたあたりから、ワイン飲みたくなり、ノドがゴロゴロと鳴ってしまったもんね(笑)。

だから、今、これも赤ワインとチーズを傍らに書いてます(笑)。

何も言わずに澄まし顔で番組を進行していたディレクター嬢も、酒好きゆえ、心の中では、「あー、ワイン飲みたい」と思っていたに違いない!(笑)

とにもかくにも、ヨーロッパジャズ(おもにイタリア)が好きな方、興味がある方は、3月7、8日放送の「快楽ジャズ通信」をお見逃しなく!


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック