本日放送の快楽ジャズ通信のテーマは、「マイルスが愛したピアニストたち」です。



本日、コミュニティFMで午後8時より放送される「高野 雲の快楽ジャズ通信~What Is This Thing Called Jazz?」のテーマは、「マイルスが愛したピアニストたち」です。

ゲストにアキコ・グレースさんをお招きしています。

そして、もちろん、アキコ・グレースさんの新譜も2曲かけます。

私、彼女の前作のトリオ、

アキコ・グレース/グレースフル・ヴィジョン

が大好きで、いよいよアキコ・グレース的独自の境地に没入しつつある内容だと思っていたのですが、
今回発売された、ピアノソロの『ピアノリウム』は、さらにアキコさんにしか出せないオリジナリティあふれる世界に突入しています。


アキコ・グレース/ピアノリウム

このアルバムから番組中に2曲かけます。

特に、私がかけたいと思っていた《真空の水》は、彼女にとってもお勧め曲でした。

で、えーと、肝心の「マイルスが愛したピアニスト」のほうなんですが、すいません、そちらのほうは、後日、かけた音源をアップします。

申し訳ない。

これから、とあるパーティに出席するので、えーと、ブログ更新の時間があまりとれずにスイマセン!

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック