放送第17回「マイルスが愛したピアニストたち」(1)

さて、本日のブログは、本来ならば、番組でかけるCDを紹介する日なのですが……、

実は番組の同録がまだ手元になくてですね、詳しく書けないんですよ(涙)。

昨日、パーティに行ってきまーすと書きましたが、
そのパーティとはじつはアキコ・グレースさんのアルバム発売のパーティだったんですね。

『ピアノリウム』という全編ソロピアノのアルバムです。
力強いタッチと、明確な世界観、美しいピアノのタッチを楽しめるアルバムなのでオススメ。



そのパーティの模様は、tommyさんのブログに写真がアップされているのでご参照いただくとして
▼こちら
http://ameblo.jp/tommy-tdo/day-20090125.html

このパーティでディレクター嬢が持ってきた番組の同録を、アキコさんに渡したので、私の手元に届くのは、月曜日以降。
ですので、月曜日以降に、番組の中でかけたアルバム紹介をさせてください。

もちろん、番組でかけたアルバムを忘れているわけではないのですが、いつも書いたあとに番組を聴き返すと、細かなニュアンスが、記憶とかなり違っていることが多々あるので、今回は同録が届いたら、それを聴きながらアップしたいと思います。
ゴメンね。

で、今日は今日で、また某ジャズ雑誌の、某対談を見学しに、某所にこれから出かけるので、そして、きっと夜遅くまで帰らないと思うので、またもや本日もほとんどネットしてる時間なしです。

今日はこのへんで、さようならバイバイよ!(北杜夫風に)

この記事へのコメント

  • イトウ

    はじめまして。
    アキコ・グレースさんがゲストの放送聞きました。
    歯に衣着せず、グレースさんの本質に迫るトークが良かったです。マイルスファンよりもグレースファンにも納得の内容だったのではないでしょうか?
    今後もこのような内容を期待しています。
    2009年01月25日 23:09
  • 高野 雲

    イトウさん

    はじめまして。ご感想ありがとうございます。
    アキコ・グレースさんは、とても真摯に音楽に取り組まれている方だということが、実際に会って話しているうちに伝わってきたので、こちらも本音でぶつかっていかないとかえって失礼なのではないかと思いました。
    ご機嫌を損ねられたらどーしよう?と内心ドキドキなところはありましたが、結果的にかえって喜んでいただけたようで、嬉しかったです。

    ゲストさんがいらした回は、出来るだけ本音や人間性を自然に引き出せるよう、ジャズ番組の「笑っていいとも!」を目指すべく頑張ります(笑)。
    2009年01月26日 05:51

この記事へのトラックバック