所有アルバムの枚数

持っているアルバムの枚数、あるいは聴いたアルバムの枚数は多いにこしたことはないとは思う。

しかし、持っている枚数や聴いた枚数の多さが、即、その人の鑑賞力に比例するとは限らない。


record.jpg

たくさんのアルバムを持っているにも関わらず、ブルースナンバーをブルースだと気づかなかったり、モード奏法とはもっとも対極的な構造を持つコルトレーンの《ジャイアント・ステップス》のことをモード奏法だといっている人もたくさんいる(それも、じつはプロの評論家だったりもする)。

よって、枚数を競うことはあまり意味がない。
どれだけ深く鑑賞できるかのほうが重要であることは言うまでも無い。


持っているアルバムの枚数と、
よく聴くアルバムの枚数の関係を
なんとはなしに考えてみると、

よく聴くジャズのアルバムの枚数は、
所有するジャズのアルバムの枚数に反比例しているような気がする。

少なくとも私の場合は。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック