楽器の出来る・出来ない

楽器をできなくてもジャズは分かる。

「楽器をやらないとジャズは分からない。」という説には私は与しない。

逆に、「楽器が下手に出来る人は、技術の優劣に耳がいきがちで、ジャズの大事な部分を聴き逃す可能性がある。だから、楽器をやらない人のほうがジャズは分かるのだ」というような主張にも与しない。

やっている人・やっていない人には、それぞれピンとくるポイントが違うし、それはいたし方が無いことなのだ」という考えには賛成。


jazz_art.png


いずれにしても、感受性を決定するのは「環境」の要素が大きい。
「環境」によって育まれた感性は、当然ながら一人一人異なる。

「楽器を習っている」「楽器をやっていない」というのも、各個人の「環境」にほかならない。

環境違えば、感受性異なる。
まずは、この認識からスタートしないと、いつまでたっても不毛な議論が平行線を辿ることになる。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック