楽理を知る必要はあるか?

「楽理を知っている人は、演奏のテクニカルなことばかりに耳がいってしまい、真の音楽鑑賞は出来ない」というようなことを、楽器をやらない人は言うことがある。
しかし、そんなことはない。

ムリして知る必要はないが、楽理を知っていれば、演奏によっては鑑賞の楽しみが倍加することもあるし、少なくとも、知っていることが鑑賞の上での妨げになることはない。

しかし、だからといって楽理を知らなくても鑑賞が楽しめない、ということもない。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック