日本人ジャズはスケールが小さい?

ジャズに限らず、映画にもその傾向は当てはまるかもしれないが、たしかに日本人の表現は、欧米のものに比べるとスケールが小さいのかもしれない。

しかし、ではアメリカ人が、日本人の表現のように小じんまりとまとまった表現が出来るのかというと、逆に難しいのではないだろうか。

国や土地によって、そこで育った人々が育まれ、培われる感性の内容は異なるし、様々だ。

だから鑑賞者は自分好みのテイストを選べばいいだけの話。

日本のジャズのスケールが小さいと吹聴する暇があれば、スケールの大小では測れぬ、別な側面からの良さを見出す努力をすべきだし、それがイヤならば聴かねばよいのだ。

すべてのジャズが、あなたの好みにあわせて演奏してくれているというわけではないのだ。もしそう思っている人がいるのであれば、それは「思い上がり」だ。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック