ウッドベースの生音

楽器の生音と、オーディオ装置で再生された音色には乖離があることはいうまでもない。

特に、ウッドベースの音色にそれが著しい。

bass.png


ライブなどの生演奏に至近距離で接すればよくわかるが、まずはウッドベースの生音(ピックアップやマイクなどで拾って増幅した音ではなく、胴体のfホールから発せられる音色)が忠実に再生されることは、皆無といっても過言ではない。

とくにJBLやアルテックなどのスピーカーで大音量で再生されればされるほど、レコード(あるいはCD)という一つの閉ざされた世界の中で演奏された、ウッドベースに近い音を出す別の楽器の音色のようだ(もちろんそれはそれで迫力はある)。

オーディオはある種のバーチャルリアリティなところもある、と割り切って愉しむのが、自宅でジャズを愉しむ極意。
原音に近い生音、が好きならば、やはり狭いライブハウスで至近距離で音を味わうか(それも座る位置によって変わるが)、自分で楽器を始めるしかない。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック