スコット・ラファロの弦高


スコット・ラファロのベース。

あの縦横無尽なプレイ、あの重たいガット弦では難しいんじゃないかとずーっと思っていたわけなのですが、どうやら、ガット弦の弦高をそうとう低くして演奏いたようですね。

なるほど、だからあのような太いけれども素早いフレーズが生まれるわけだ。

scot_lafarro.png


写真だけでは、なかなか分からんであります。


で、

発作的にラファロを聴きたくなったら、やっぱりコレでしょうね。



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック