レイス・レコードとヒルビリー・レコード


レイス・レコードのレイス=人種は、黒人を差す。
1920年に、黒人女性歌手のメイミー・スミスのブルースレコードが売れたため、レコード会社は黒人レコードもビジネスになることに気がついた。
そこで黒人レコードの需要に注目するようになり、黒人の懐事情をかんがえ、なるべく休めに売るようにし、一般向けのレコードと区別するために、レイス・レコードと名付けるようになった。

これに並んで、南部などの貧しい白人農民を対象にしたものはヒルビリー・レコードと呼ばれた。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック