サッチモの妻


誰よりもルイの才能を高く評価したのは、妻となったリル・ハーディン・アームストロングでした。ルイ自身は、アイドルであるオリヴァーのとなりでプレイできるだけで幸せでしたが、リルは夫の「第二奏者」としての立場が不当だと感じ、ルイに自分の音楽を追求すべきだと進言しました。


(中川ヨウ『ジャズに生きた女たち』より)
ジャズに生きた女たち (平凡社新書) [新書] / 中川 ヨウ (著); 平凡社 (刊)
ジャズに生きた女たち/ 中川ヨウ


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック