塩サバ通信が面白い

shiosaba.jpg

ジャズには聴く楽しみも、演る楽しみもありますが、読む楽しみももちろんあります。

私も活字ジャズファンな側面がありまして、けっこうジャズ本は読みまくりました(今でも読みまくってます)。

本のみならず、ジャズのサイトめぐりも楽しいものでして、「読むジャズ」という独立したジャンルを確立しているんじゃないかと思われるサイトが「塩サバ通信」でしょうね。


こちらです。

通常の「活字ジャズ」はアルバムや曲、演奏、ジャズマンの紹介が中心なのですが、あ、もちろん塩サバでも紹介されていますが、それよりは、ジャズ雑記というか、ノリがなんともサバ節としかいいようのない、独立した匂いを放ちまくっているテキストなのですね。

好き嫌いが分かれるでしょうし、読む人を選ぶでしょうが、私は大好き。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック