マル・ウォルドロン・トリオ『プラハの春』


プラハの春 / マル・ウォルドロン・トリオ (演奏) (CD - 2003)
プラハの春 / マル・ウォルドロン・トリオ (演奏) (CD - 2003)

マル・ウォルドロンがミュンヘンで録音したピアノトリオの演奏。
マルは、67年からミュンヘンに移住し、ここを拠点に活動を展開していました。

67年といえば、まだベルリンの壁が崩壊するはるか昔。
この時期のプラハの春から、ベルリンの壁崩壊にいたるまでの東欧諸国の変革に思いをはせて作られたアルバムがこれです。

オリジナルもありますが、ショパンの革命なども演奏しているのがマルならではのコダワリと着眼点です。

マルの「気分」が、マルならではのピアノ表現に活かされています。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック