テリー・ポラード 幻の作品

terry.jpg
Terry Pollard/Terry Pollard



ピアニスト、テリー・ポラード。

ご存じでしたか?

女性ピアニスト兼ヴァイブ奏者です。

女性ピアニストだからといって侮るなかれ。

中期バド・パウエルを連想させる硬派なタッチ。

ボーっとiTunesのシャッフルを聴いていたら、一瞬、初期の秋吉敏子のアルバムだと勘違いしてしまったほどです。

パーカーやドルフィーが取り組んだ抒情的なバラードナンバー《ローラ》が良いですね。
大甘でメロメロな演奏を期待すると大ハズレ。

なかなか引き締まったピアノのタッチで、この曲の魅力を再発見したような気分になるかもしれません。

彼女が残した作品は、1955年、23歳のときにベツレヘムにこの一枚のみ。
幻のピアニストによる幻の作品といっても良いでしょう。



▼収録曲
1. フェディ
2. オータム・セレナーデ
3. ローラ
4. いつかどこかで
5. スクラップル・フロム・ジ・アップル
6. エマリン
7. ザ・モア・アイ・シー・ユー
8. 恋をしたみたい


この記事へのコメント

  • yun

    はじめまして!

    このひととCDのことは知りませんでした。

    こんど聞いてみますね!
    2015年11月18日 13:33