ハービー・ハンコックとジャコ・パストリアスの《4 AM》

MR hands.jpg
Mr.Hands/Herbie Hancock


午前4時に聴くよりも、午前7時に聴いたほうが「朝の始まり」を実感できるナンバー《4 AM》。

ポール・ジャクソン、ロン・カーターら様々なベーシストが参加し、それぞれのベーシストの個性を味わえる贅沢アルバム、ハービー・ハンコックの『ミスター・ハンズ』。

このアルバムの中では、個人的には、ジャコがベースを弾いている《4 AM》がお気に入りです。

冒頭のリズミックなベースラインと、中盤の効果的に弦を効果的にスライドさせる滑らかなラインが、胎動しはじめる「朝」を感じることが出来ます。

もっとも、午前4時ではなく、午前7時以降ですけどね。
(・∀・)b




▼収録曲
1. スパイラリング・プリズム
2. カリプソ
3. ジャスト・アラウンド・ザ・コーナー
4. 4 AM
5. シフトレス・シャッフル
6. テクスチャーズ


▼レビューはこちら
Mr.ハンズ/ハービー・ハンコック

この記事へのコメント