スキッツォフリーニア ウェイン・ショーター

スキッツォフリーニア.jpg
Schizophrenia/Wayne Shorter



ウェイン・ショーターの『スキッツォフリーニア』。


文句なしに「ショーターのアルバムの中ではナンバーワン!」とまでは言わないけれども、ある意味、ショーター的な「ぶっ飛び度」と「ジャズ的充実度」が心地よく融合しているという意味では、かな~りレベルの高いアルバムであることは確か。

シャープなんだけれども重たく、重たくうねっているけれども、どこかクールなところもある。

この一言で言い表せない感覚が、この時代のショーターならではの魅力ですね。

なぜ、あまりこのアルバム、紹介されたり取り上げられたりしないのだろう?

『ジュジュ』に飽きたら、しばらく『ジュジュ』は寝かしておいて(『ジュジュ』は『ジュジュ』なりに、とても素晴らしいアルバムだから)、しばらくは、こちらの『スキッツォフリーニア』にドップリと浸ろう!


▼収録曲
1. トム・サム
2. ゴー
3. スキッツォフリーニア
4. クリプトナイト
5. ミヤコ
6. プレイグラウンド

この記事へのコメント