『イッツ・タイム』のチャールス・トリヴァー

itstime.jpg
It's Time/Jackie McLean



『イッツ・タイム』。


マクリーンのアルバムなんだけれども、トランペットのチャールス・トリヴァーが良いんですよね。


そして、ベースもセシル・マクビー。


トリヴァーとマクリーンは、「ジャズ的黒さ」をお求めの方には、うってつけの組み合わせだと思います。


以前、渋谷の某ジャズ喫茶に通い詰めだったことがあるのですが、そこのマスターが「黒い」ジャズが大好きで、よくチャールス・トリヴァーが参加しているレコードをかけていました。

最初は馴染めなかった彼のトランペットですが、聞いているうちにだんだんと独特のコクが分かるようになってきました。

マクリーンが何か新しいことをやろうというエネルギーに満ちたこのアルバム。

この熱気とトリヴァーの相性は抜群です。


▼収録曲
1. キャンセレイション
2. ダス・ダット
3. イッツ・タイム
4. レヴィロット
5. スナッフ
6. トゥルース

▼レビューはこちらです
イッツ・タイム/ジャッキー・マクリーン

この記事へのコメント