ヒア・カムズ アール・ハインズ

herecomes.jpg
Here Comes/Earl Hines

アール・ハインズの『ヒア・カムズ』。

《バーニーズ・チューン》を聴いてみよう。

強靭にうごめくエルヴィン・ジョーンズのブラッシュワークがまずは気持ち良い。

そして、同様にこれまた強靭!
リチャード・デイヴィスの粘るベース。

このドラムとベースが形作るリズムだけでも聴けてしまうのに、これに乗っかるハインズのピアノも力強く歯切れも良い。

エルヴィンもリチャード・デイヴィスもハインズからしてみれば息子ぐらいの年齢。

しかし、世代の違いやスタイルの違いを超えて、「ジャズ猛者」3名の「押し出し力」が見事に溶け合い、素敵な演奏に昇華されたのが『ヒア・カムズ』なのです。



▼収録曲
1. セイヴ・イット・プリティ・ママ
2. バイ・バイ・ベイビー
3. スモーク・リングス
4. シュー・シャイン・ボーイ
5. ザ・スタンリー・スティーマー
6. バーニーズ・チューン
7. ドリーム・オブ・ユー



この記事へのコメント