ルグラン・ジャズ ミシェル・ルグラン

ruguran.jpg
Legrand Jazz/Michel Legrand


私はそれほど、このアレンジが優れているとは思わない。全体的に平凡だ。
(ジョージ・ラッセル)

演奏? そんなに面白くなかったな。
用意された譜面を吹いて、ソロを取っただけだ。
(マイルス・デイヴィス)

このサウンドには影響は受けなかった。
そういうものかと思った程度だ。
(ギル・エヴァンス)


「大物」たちからの評価はさんざんだけど、それは、最前線で常に新しいものを生み出そうとしていた最先端の人たちだからこその感想なのでしょう。

凡人のワタクシが聴くぶんには、チューバやフレンチホルンの暖かいサウンドが心地え~な~、と楽しんでおります。

ギル・エヴァンスもフレンチホルンを好んで使っていたけど、ルグランのアレンジは良い意味で通俗的とでもいうのかな?
耳に優しく、楽しくホンワリと。




この記事へのコメント