ア・ハーフ・ムーン・ベイ ビル・エヴァンス

half_moon_bay.jpg
A Half Moo Bay/Bill Evans

『ワルツ・フォー・デビー』の《ワルツ・フォー・デビー》だけが、「ワルツ・フォー・デビー」ではないのだよ。

つまり、スコット・ラファロ参加の有名なリヴァーサイド盤に収録された《ワルツ・フォー・デビー》だけではなく、その後になっても、エヴァンスは何度も《ワルツ・フォー・デビー》を録音しています。

その中でも、躍動感といい、まとまりといい、なかなか「やるなっ!」と思わせてくれるバージョンが、この『ハーフ・ムーン・ベイ』に収録されている《ワルツ・フォー・デビー》なのです。

エディ・ゴメスらと組んだトリオも、結成から早5年。

グループとしてのコンビネーションが鉄壁に固まってきつつある中、このトリオは安定感を獲得しています。

と同時に、遠くまで飛ぼうと思えば、メンバー全員で同じ距離まで飛ぶころが出来るような一体感を持つようになっているので、スリリングでありながらも、クオリティの高い演奏に落ち着いているのです。

ライヴということもあってか、《ワルツ・フォー・デビー》のみならず、有名曲が目白押し!



▼収録曲
1.Introductions
2.Waltz For Debby
3.Time Remembered
4.Very Early
5.Autumn Leaves
6.What Are You Doing The Rest Of Your Life
7.Quiet Now
8.Who Can I Turn To (When Nobody Needs Me)
9.How My Heart Sings
10.Someday My Prince Will Come

この記事へのコメント