リベレーション・ミュージック・オーケストラ/チャーリー・ヘイデン

liberation.jpg
Liberation Music Orchestra/Charlie Haden


チャーリー・ヘイデンの『リベレーション・ミュージック・オーケストラ』。


デューイ・レッドマン、ドン・チェリー、ガトー・バルビエリ……。


フリー・ジャズ系の「おっかねぇ人」たちが参加していることから、
「名作だけど、あんまり聴かないアルバム」に
位置付けている人も少なくないかもしれないけど、

キース・ジャレットやパット・メセニーだって参加しているのであります。


曲、アレンジの骨格が骨太なので(編曲はカーラ・ブレイ)、
決して難解でもエグくもなく、
むしろ、しんみり心に染みてくる音楽なのです。



▼収録曲
1. イントロダクション~連合戦線の歌
2. 第5連隊~4人の将軍~第15旅団万歳
3. エンディング
4. チェ・ゲバラに捧げる歌
5. 戦争孤児
6. インタールード
7. サーカス ’68 ’69
8.勝利をわれらに


この記事へのコメント