ユセフ・ラティーフの『ジャズ・ムード』評

jazzmood.jpg
Jazz Mood/Yusef Lateef


テナーサックス、オーボエ、フルート奏者のユセフ・ラティーフ。

彼の隠れ名盤に『ジャズ・ムード』というアルバムがあるのですが、
これ、ジャズのムードというよりは、
エスニック色漂うアルバムです。

このアルバム評を「カフェモンマルトル」にアップしました。

▼こちらです
ジャズ・ムード/ユセフ・ラティーフ

エスニックムード漂う《モーニング》なんか、個人的には好きですね。

なんだかムズムズするような反復リズム。
クセになってしまいます。


ところで、読者から教えてもらったんですが、このブログにアップした記事の内容をそっくりそのまま丸コピーしているサイトがあるようです。
しかも、ここ最近の記事はすべてコピーしているようです。
たとえば、昨日アップしたウェイン・ショーターの記事は、このブログ(URL:http://jazzpleasure.seesaa.net/)よりも早く検索エンジンが拾って検索結果の上位に反映されていたとのこと。

そういえば、大昔のことですが、ジャズ喫茶のマスターの著書をそっくりそのまま写してブログにアップしていたブロガーがいたことを思い出しました。
(マスターがプロバイダーに報せて、すぐにそのブログは閉鎖になりましたが)

で、この記事も、またコピーされてアップされちゃうんでしょうかね?



▼収録曲
1.Metaphor
2.Yusef's Mood
3.The Beginning
4.Morning
5.Blues in Space



この記事へのコメント