『ビジネスマンのための(こっそり)ジャズ入門』著者(自ら)レビュー

true_blue.png


先日発売された拙著『ビジネスマンのための(こっそり)ジャズ入門』に関して、
著者自らが(?)、レビューを書いてみました。

▼こちらです
ジャズ喫茶「いーぐる」後藤雅洋マスターの影響をモロに受けています/ビジネスマンのための(こっそり)ジャズ入門


ゲラチェックの段階で気づいたのですが、
ジャズ喫茶「いーぐる」の後藤雅洋マスターの影響をかなり受けています。

ま、後藤さんのご著書に感銘を受けて、
後藤さんのお店でアルバイトをさせていただき、
さらに、後藤さんの本を編集した方がいらっしゃる出版社に就職したほどの私ですから、
真似をしようとはまったく思っていなかったにせよ、
深層意識にまで深く浸透していたであろう後藤さんの「ジャズ観」が無意識に出てきたのかもしれません。


さらに、後藤さんの処女本を編集された方と、
今回の私の本を編集された方は
同じ編集者ですから、
編集者のテイストも出た結果なのかもしれません。

とにもかくにも、書いている本人が
著者校の時点で初めて気が付くのもマヌケではあるのですが、
全体的にまとまった形で、
編集者の手が加わった状態で読むと、
やっぱり編集者のテイストのようなものが出るものなのだな~と。

あたかもプレイヤーは違うのだけれども、
プロデューサーの個性やポリシーが強いと、
ブルーノートはブルーノートのテイスト、
ECMはECMのテイストが出るのと同じような感じなのかもしれませんね。


ビジネスマンのための(こっそり)ジャズ入門
ビジネスマンのための(こっそり)ジャズ入門




この記事へのコメント