ゲッティン・イントゥ・サムシング/デイブ・ベイリー

gettin_into_something.jpg
Gettin' Into Something/Dave Bailey


こいつはおいしい音だ。


チャーリー・ラウズにホレス・パーラン。
クラーク・テリーにカーティス・フラー。


面子の名前だけでも、
ハードバップ好きにとってみれば、
涎が出るほどオイシい顔ぶれ。


油が乗りまくっている頃の彼ら(パーランは『アス・スリー』を録音した頃)を
ピッシリ締めるデイヴ・ベイリーのドラム。


どこをどう切っても「ジャズ!」としか言いようがない
黒い肉汁がしたたる音が続くのであります。



▼収録曲
1. スロップ・ジャー
2. リトル・オールド・マングース
3. イーヴァッド・スマード
4. ブルース・フォー・J.P.

この記事へのコメント