ミスティ/山本剛

misty.jpg
Misty/山本剛

《ミスティ》という名曲は、
演奏者を選ぶ曲だと思う。


弾いて良い人、
歌ってよい人。


残念ながら
その逆の人が多かったりするのは、
あまりに曲の「世界」が完成され過ぎているから、
よほどの表現力がないと
結局、曲にからめとられてしまうということなのでしょう。


弾いて良い人ナンバーワンは、
もちろん、作曲者のエロール・ガーナー。


では、作曲者本人以外では?


やっぱり、山本剛ではなかろうか?

《ミスティ》というナンバーは、
もはや、ピアニスト・山本剛の代名詞と言っても良いほど。


かつてガーナーが飛行機の中で思い浮かんだ夢空間の世界でもあり、
山本剛がピアノで歌い描く世界でもある。


この両者が美しいバランスで共存している音世界を
アルバム名、その名も『ミスティ』で堪能しよう!







この記事へのコメント