オム/ジョン・コルトレーン

om.jpg
OM/John Coltrane

ジョン・コルトレーンの『オム』評をアップしました。

▼こちらです
オム/ジョン・コルトレーン

コルトレーン後期の「怖い」問題作でもあります。

冒頭の何やら秘密宗教の呪いの儀式っぽい祝詞(?)を聴いただけで
引いてしまう人も多いかもしれませんが、
演奏そのものは、《アセンション》的なインパクトを
コンパクトな編成で、それ以上の効果を引き出そうとした試みなんじゃないかと思っています。


当時のコルトレーンの精神性や宗教性などに関しては、
知る由もありませんし、興味もありませんが、
盤面に刻印された音そのものから感じ取れる
音の感触のレビューを書いてみました。

身体も心も疲れる演奏ではありますが、
べつに毎日聴く必要はないわけで。

数年に一回の特殊体験をしてみるためのアルバムと割り切れば、
それなりに持っている意義はあるというものでしょう。



この記事へのコメント