身体は太いが、神経細やか?/『キャノンボール・テイクス・チャージ』キャノンボール・アダレイ


アルトサックス奏者のキャノンボール・アダレイ。

cannonball.png


多そうで、じつは少ない彼の
ワンホーン・アルバムがコレ。



Cannonball Takes Charge


ジャケットも中身も地味ぃ~ではあるが、これが意外と良い。

肩の力の抜けたブロウで最初から最後まで聴かせるキャノンボール。

共演者をノせるのが巧く、
なおかつ自分自身もノリノリなウイントン・ケリーがピアノなのだから、
どの演奏にも外れがない。

あとは、好みの曲を見つけ→時おり取り出して聴く。という、清く正しい付き合い方(?)をしてください。
私は、《プア・バタフライ》や《アイ・リメンバー・ユー》なんかが好きかな。

一般には、派手で陽気なイメージの強いキャノンボールだが、フレーズの語尾のニュアンスのつけ方や、テンションの緩急もかなり細かいところまでコントロールして吹いていることに気がつく。

太っちょだが、なかなか繊細な男でもあったのだ。

▼収録曲
1.If This Isn't Love
2.I Guess I'll Hang My Tears Out To Dry
3.Serenata
4.I've Told Ev'ry Little Star
5.Barefoot Sunday Blues
6.Poor Butterfly
7.I Remember You
8.Barefoot Sunday Blues (Alternate Take)
9.I Remember You (Alternate Take)



この記事へのコメント