名曲の名料理人2人/ガーランド『グルーヴィ』、コカー『カリフォルニア・ハード』



しんみり、しっとり、うっすら涙の
《ゴーン・アゲイン》が、
レッド・ガーランドだとすると、


Groovy


むせび泣け!
号泣せよ!
感動の嵐!

《ゴーン・アゲイン》が、ドロ・コカーのバージョン。


カリフォルニア・ハード+1

原曲が素晴らしいということがまず第一にあるが、
それぞれ二人のピアニストの料理っぷりもなかなか。


ただ、ドロ・コカーのバージョンは、ピアノは大感動なのだが、
ベースがもうちょっと控えめで、
ピアノを引き立ててくれれば、と思うと、ちょっとだけ残念。


ベーシストは私が好きなリロイ・ヴィネガーなんだけどね……。


そういえば、私の周囲で、ドロ・コカーが好きだ!と声だかに主張している人って、
「BIG BOY」の林さんぐらいしかいないな。

他の人は、このピアニストのこと、どう思っているんだろ?

そして、《ゴーン・アゲイン》が好きな女性ってどれぐらいいるんだろう?

あ、別に女性じゃなくて男性でもいいんだけどさ(笑)。

この曲、無条件に好きだという人は、無条件にお友達になりたいっす(笑)。



この記事へのコメント