チャコール・ブルース


遠くからボンヤリと眺めたほうが、
全容をつかみ易いということって、
あります。



たとえば、ウェイン・ショーターの
『ナイト・ドリーマー』に収録された
《チャコール・ブルース》。



これ、ブルースなんだけど、
顕微鏡的な耳で聴くと、
その瞬間瞬間はあまりブルース的ではない。


しかし、もう少し距離を置いて
長い目(耳)で全体像を捉えると、
そこから浮き立ってくるのは
まぎれもないブルースなのです。


アルバムの中では目立たない曲ではあるのですが、
面白い演奏だな~って最近思ってます。

▼レビュー
ウェイン・ショーターのチャコール・ブルース




この記事へのコメント

sponsored link
  • SEOブログパーツ