大西順子『XII(twelve)』評


シンプルで、力強いジャケット。

大西順子の『XII』。


12.jpg



今度は3管によるセクステット編成のアルバムです。


うん、いい!


やっぱり、ピアノトリオの大西順子もいいけれど、
管楽器好き(推定)の彼女には、
やはり、管楽器入りのジャズがよく似合う。


そして、本領発揮!


やっぱり、ピアノ好きの人こそ、
ピアニストがリーダーで管楽器が参加している
こういうジャズを聴いて欲しいのであります。




アコースティックピアノのみならず、
エレピも弾いて大活躍!


楽しく、興奮度の高い好アルバムだと思いますよ。


このアルバムのレビューを書きました。

▼こちら
XII(トウェルヴ)/大西順子


こういう感じのアルバム、
今後もどんどん発表していただきたいと思います。


もう、引退だなんてしないでね……。







この記事へのコメント