エリック・ドルフィー / ミュージカル・プロフェット : ジ・エクスパンデッド・1963 ニューヨーク・スタジオ・セッションズ

年末に買って聞いていたんですが、
いやーすっかり
紹介するの、忘れていましたね。


『ミュージカル・プロフェット : ジ・エクスパンデッド・1963 ニューヨーク・スタジオ・セッションズ』。

dolphy_set.jpg



ドルフィーの未発表セッションを集めたセットです。



まだこんなに未発表、
残ってたんだ!



時期的にはちょうど『アイアン・マン』の頃の音源ですが、
私の場合、
ブルーノートの『アウト・トゥ・ランチ』はすごく好きで
よく聴いていたんですけど、
考えてみたら『アイアン・マン』って、
あんまり聴いてなかったんですよね。



『アイアンマン』って、
楽器の編成や試み的には、
ブルーノートの『アウト・トゥ・ランチ』の前哨戦と言う感じがして、
つまり、実験的に手始めにはじめたアプローチって感じがして、
完成度という点でみれば、
『アウト・トゥ・ランチ』の方が上だからな~なんて考えながら、
なんとなく敬遠していたんですね。



もっとも、リチャード・デイヴィスの妖しいアルコとのデュオは
たまに聴いてはいたんですが。


しかし、それを除けば
『アイアンマン』ってあんまり聴いてなかったんですよね。


しかし、しかし、今回のボックスセットの発表を機会に、
改めて聞き直してみると、これまたビックリ!!


いやはや強烈。


やはり完成度が高く、
しっかりと構築されたアンサンブルの『アウト・トゥ・ランチ』も
ほんとに素晴らしいのですが、
新たな境地踏み出そうとする
ドルフィーの意気込み気迫が半端ないのです。


音として伝わってくる。


いやー、やられたやられたやられた。

シャン!と襟を正す思いです。


これを聴いて身を清めて新年を迎えようと思ったら、腰痛……。
それどころじゃなくなったりして。


やっぱり、こういう気合の入った音と対峙するには、
こちらも腰をすえて挑まなければならないというのに、
肝心な腰がねぇ……。


あ、もし買うのでしたら、
充実した解説が付属する
分厚いブックレットが付いている日本盤をおすすめします。


もちろん、英語を読めるんだったら、
輸入盤でも良いのですが……。




この記事へのコメント