モンクのピアノのバッキングはなぜ「ヘン」なのか


セロニアス・モンクは
作る曲もユニークだし、
奏でるピアノもユニーク。


もっとも、ユニークを通り越して
「ヘン」だと感じる人もいらっしゃるようですが、
特に、管楽器がアドリブをとっている時に、
その背後でピアノをまるで邪魔をするかのように
「コキン、ポキン」と、
意外なタイミングと、
不協和音に近い響きで鳴らしているようにも感じます。


monk_piano.png


なぜ?


その理由を考察した動画をアップしてみました。





このモンクの和音に違和感を感じるか、
「気持ちいい」と感じるかが
聴き手の感性の分かれ目かもしれませんね。



ふだんジャズを聴いていない人でも、
予備知識や理屈抜きに
この伴奏を気持ちよいと感じるケースもあれば、

長年ジャズを聴いていても、
この伴奏に違和感を感じる人もいらっしゃるようです。


私の場合は、「きたきたきた、それそれそれ!」と興奮してしまうほうですが…。


バッキングが面白く、
なおかつ聞きやすいという点でおすすめアルバムは、
コチラ♪



映像も出ている、『イン・ジャパン 1963』が良いのではないかと。