しゃべりだしたら止まらねー

先日放送された「快楽ジャズ通信」の第8回目なんですが、じつは、まだ放送の録音を聴いていません。

たしかに色々喋ったような記憶はあるんだけれども、どんな雰囲気に仕上がってたんだろ?

今回は演奏時間の長い曲ばかりだったので、そのまま通しでかけてしまうとエライことになってしまうので、ディレクター嬢、かなり編集のほう頑張ってくれたようです。

曲のフェード・アウトや、曲のオイシイところの編集など、大雑把なことは指示していますが、基本的にはすべてディレクター嬢に後の編集を任せてあるので、もし昨日の放送がエキサイティングな内容だったのであれば、それはディレクター嬢の編集手腕の賜物かもしれません。

逆に、暑苦しく感じたり、頭痛・眩暈を覚えた方は、それは私の鬱陶しいトークのせいです、ごめんなさい。

実際はどんな感じの編集で放送されたのかが、まだ分からず、これから届くであろう同録音減を聴くの楽しみではあるのだけれども、ちょっと不安でもあります。

いつも私の番組の内容を楽しくレポートしてくださっているいっきさんのブログによると
▼「いっき」のジャズあれこれ日記
http://ikki-ikki.cocolog-nifty.com/blog/

私のトークはいつになく熱かったそうで、コルトレーンの鬱陶しさに輪をかけていた模様(笑)。

一部を抜粋すると、

>俺はコルトレーンのこの演奏が好きなんだオーラーがスピーカーからほとばしる!

>コルトレーンの曲も暑苦しく鬱陶しいのにですよ。
>間のトークが演奏に匹敵するくらい暑苦しいんですから、あ~あっ!
>ここまでやると気持ちエ~ッ!

だそうです(笑)。

普段は冷静ないっきさんにそこまで書かせるとは、
や、やっぱり俺、
そ、そんなに熱苦しかったんかいな……(汗)

そして、いっきさんはレポートに私のジャズメン占いの結果がコルトレーンだということを指摘されてますが、そういえばそうだった。
▼ジャズメン占い
http://b-s.web5.jp/wj/uranai.cgi

えーと、どんな占い結果だったかな?とそのサイトを訪れ、再度占い、その一部を抜粋すると、

しゃべりだしたら止まらねー

一度話し出したならとどまることを知らないそのトークを昔の人は「シーツ・オブ・サウンド」と呼んであがめました。あなたのマシンガン・トークも一部のコアなファンには超うけ。ただ少々難解な部分も多く、やはりあなた初心者には難しいでしょう。

というのがありました(笑)。
もしかして、昨日の放送内容は、こんな感じだったんでありますか?(涙)

ちなみにジャズメン占い、面白いですよ。

息子はビル・エヴァンス(う、うっそだ~・笑)、
女房がマイルス・デイヴィス(う、うっそだ~笑)

でした、我が家は。

この記事へのコメント