ジャズ喫茶「イトウ」の思い出


YouTubeに
ジャズ喫茶「イトウ」の思い出をさくっと語った動画(音声)をアップしました。



「イトウ」といえば、
今はなき上野にあったジャズ喫茶。


昭和8年に開店した
老舗ジャズ喫茶です。


私が足を運んだのは、
弊店する1991年の1~2年ほど前のタイミングでした。

もう、なんというか、
いかにも「昭和!」な硬派なジャズ喫茶でした。


もちろん、私語禁止。
というか、私語交わせない。

それほどJBLから放たれる爆音が凄かった。

JBLの前はグッドマンのスピーカーを使用していたとのことですが……。


よく覚えているのが、
エルヴィン・ジョーンズの
『プッティン・イット・トゥゲザー』
でしたね。

puttin.png


とにかく、エルヴィンの「打」が身体にキましたね。
もちろん、ギャリソンの「低音」も。


ガッツン、ガッツンと
身体に襲い掛かる刺激。


まさに、これぞジャズ喫茶!(あくまで私が頭の中でイメージしているジャズ喫茶ですが)でした。


足しげく通ったジャズ喫茶ではありませんでしたが、
今でも強烈に心の記憶の中に刻まれている
ジャズスポットでした。